時々 猫が教えてくれる。

閲覧注意。猫が死ぬはなしです。

土曜日から日曜日にかけての深更。
外猫の一匹が死にました。
以前、日記に書いたキジくんが失踪から戻り、
しばらく外で前と同じように暮らしてからの死でした。
失踪からボロボロで帰ってきたので、おそらく基本的な体力や
免疫力が急速に衰えていたのだと思います。
食事ができる間は命をつないでいたのですが、
自力で食事ができなくなった金曜日の朝から、死を迎えるまでは
短いような、見送った私たちにすれば、長い週末でした。

見かねた家人と相談して、隔離部屋を家に設け、
キジくんを家に入れました。
ノミダニは駆除していた猫ですが、
失踪の間に新しく害虫を持ってしまったかもしれないし、
もしも感染する病気なら、他の猫たちを絶対に感染させるわけにはいかない。

最後まで、がんばってくれました。
ありがとうキジくん。帰ってきてくれて。
死ぬ時にどこかに姿を消さずにいてくれてありがとう。

憐憫ではなく、深い問いを 時々猫から教えられます。
生きることは当たり前だから、死ぬときは苦しいだけでなく、
悔しいのだと。だからヒトも猫も生ある間は一生懸命あがくのだと。

人生にモヤのかかったような気分のときは、
キジくんを思い出して前を向くよ。
[PR]
# by divaof10gum | 2014-08-18 16:33 | 猫 犬 飼いもの

海に行きたいなあ

絶好の海水浴日和

子供時代、海近くに住まいしなければ自分だけでは行かれない。
親の都合でも、連れていっていただけるのは吉。

学生時代、そこそこ自由に出かけることは可能。
だが、
海より、一緒に出かける友達との遊びに夢中で、海を楽しむが主眼ではない。
色気づけば、なおさら。
海より人間関係の駆け引きで、100パー楽しい時もない。
(その時はその時で楽しい。そう感じるのが人間の能力みたいものかも。)

就職し、会社員生活を送る時代。
絶好の海水浴日和!と自主判断して仕事を休めば、遅かれ早かれ、離職する羽目となる。

結婚し、家族を持ち、子供を連れて海に行く。
子供を楽しませ、帰路の混雑を心配する。
浜から海と空を眺めて、一瞬ぼーっとできれば上々。

老人になったら、おっくうになるのか。
まだ不明だが、可能性大。

今日は絶好の海水浴日和。だなあ。と、
思いながらの通勤電車である。
[PR]
# by divaof10gum | 2014-08-06 09:51 | 身辺雑記

キジくんのこと

立ち別れ いなばのやまの嶺におふる
 まつ と し 聞かば 今かえりこむ

この百人一首の下の句を紙に書いて、
居なくなった猫の飯椀の中に伏せておくと、帰ってくる。
というマジナイがある。
玄関前に昨夜から椀を伏せ、帰りを待つ猫がいる。

私方には外猫も数匹いて、その中の1匹だ。
大人しく撫でさせてくれるようになったキジ白ネコで、
見た目そのままに「キジくん」と呼んでいた。

最初から人なれしていた訳ではない。
地道に餌を与え、優しい言葉をかけ続けていた連れ合いに、
半年以上かけて慣れていった猫だった。
ありふれたキジ白の雄猫。高いか細い声なので、
子猫と思ったが、ある程度の年はとっていたらしい。

元気であれば、猫の恋で遠征に出かけたのだと思う。
事実、そのように遠征の途中に我が家を食堂として利用する猫も居る。
でもキジくんは、数週間くらい前から、体調が良くなくて
獣医にも連れていったのだから、心配の気持ちの方が勝っている。
獣医の処方で体調が好くなったら、
遠征で逝く方知れずになる前に、去勢手術をしようと相談もしていた。

外飼いや野良猫の寿命は、室内のみで過ごす猫の半分にも満たない。
5年生きれば長生きだそうだ。
キジくんも、姿が見えなくなる前から、獣医の薬を飲ませていたが、
なんとなく熱っぽいような、だるいような風情で
濡れ縁や玄関先に寝そべっていたように思う。
頭を撫でると小さくゴロゴロいうようになっていた。

また捕まえて獣医につれて行くか。
あるいは、隔離できる場所を作って家に入れるか。決断しなければ。
連れ合いとそんなことを考えていた矢先に姿が見えなくなった。

大人しいといっても、先だって獣医に連れていった際は
診療室で大暴れし、聞いたことのない太い声で鳴き、
小便を私たちと獣医師に引っかけた。
抑えつけられずに生きてきた猫には、
良くなるから大人しく医者にかかるという概念はない。
そのうえ、猫の治療には、一部の例外を除き、
一発ですぐ効くというものはとても少ない。
診断、検査後、症状に合う投薬治療が主で
症状が消えるまで、長く辛抱強く薬を飲ませなくてはならない。

抱きかかえて飲ませられるほど、私たちは信頼されていないので、
外猫への投薬は、苦い薬を少量の餌に混ぜて、だましだまし餌と一緒に服用させる。
体力が衰えているのに、餌がまずくなると賢い猫は食事を摂らなくなり、
ますます体力がなくなっていくので、数回は餌だけ与えて、
体力と人に対する信頼を温存させていく。
そんな繰り返しでも、治ればいいと思っていたから、とても切ない。

まじないが効いて、ひょっこり戻るかもしれないし、
二度とキジくんは戻らないかもしれない。

連れ合いは、しょうがないというが、
それは諦観の言葉ではなく、
私たちのふがいなさを収める言葉なのだと思う。
[PR]
# by divaof10gum | 2014-07-17 15:00 | 猫 犬 飼いもの

雑記(入院とか、文化の差とか)

朝方は雨でしたが、雪になってますね。
お久しぶり♪ちゃるです。

先週末、またも救急車に乗ってしまいました。
自分ではなくて、父の付き添いです。付き添いで乗ると、
車内をじろじろと観察できるで、面白いと言っては大変失礼ですが、
色んなセットが合理的に収納されています。
分娩セットもありました。

こんな緊迫感のない事を書いて居ると、
「救急性の高くない出動要請良くない!!」と憤りを禁じ得ず、
「ちゃるのマイミクは切る」にまで発展するかもなので、
説明させていただきますと、父の腰椎ヘルニアが酷くなってしまい、
片方の足の神経を圧迫して、左足が動かなくなってしまったのです。

他の持病があるので、そちらで服用している薬の効果が切れるまでは、
ヘルニアの治療が行えず、4,5日は家でトイレ以外は寝たまま、
身の回りの世話はダーリンメインでやっていたのですが、
どうにも痛みが強くなり、睡眠も取れなくなりました。
タクシーで行くにも座ることができない。という理由でした。
病院も予約していたので(家から車なら5分)、
「そり」みたいな器具に載せてもらい、救急車で搬送。
という次第であります。

救急車を呼ぶと、ご近所の方が見物にくるので、
ご心配いただけるは大変有難いのですが、
説明がね。ちょっと大変でした(汗)。

そんなこんなで入院して、持病薬の効果が切れるのを待ち中。
今日あたり、ヘルニアメインの治療ができるかもしれません。
大丈夫です。ご心配なく。

閑話休題 仕事の話。

グローバル化で、工業生産の拠点をお隣の国(大陸の中国)に
移している企業も多いことと思いますが、
お隣は旧正月(元宵節)を迎えます。
これで問題が発生しちゃって、フェイク入れて簡単に書きます。

お客さんから、勤務先にある物の大量注文がありました。
勤務先はそれを外の会社(A社)に外注し、
A社は、中国の工場に注文。
ここまでは良かった。
が、んが、んががが。

中国からA社に、元宵節のため、
納期までに全量を納品できない、との連絡。
その説明によれば、納品できる数だけ、納品するが、
残りは元宵節明けになる事、加えて元宵節に帰省すると、
そのまま戻ってこない工員が必ずいるので、
残りは、いつになるか、元宵節が終わってからじゃないと分かりません。
よろしくね。だそうです。

A社から勤務先には、その旨、何卒ご了承ください。とのお願い。
勤務先からお客様に、より丁重にお願いしたのですが、
結果、交渉は決裂。お客様から担当者が叱責。
(普通に考えれば、そうだよね。)
今までの実費は払うから、無かったことに。という顛末です。

勤務先の担当者、すなわち私の上司が、
「元宵節に帰省して、なぜ戻って来ないのか?」と、
日本人なら、都会の水が合わなかった。という理由もあるけど、
中国では結婚シーズンという理由もあるのです。
それは何故か?

皆さんご存じ「牡丹灯篭」の元ネタは中国の話です。
幽霊のお嬢が若者を見染めて…という日本の怪談ですが、
日本ではその時期は盂蘭盆会となっています。
が、話の元の中国では、元宵節(旧正月)の出来事です。

元宵節には、たくさんの灯篭を飾ってお祝いします。
その灯篭を見物に、多くの男女が外出します。
その行事をお見合いの席にするという風習もあるのです。

「そんなの関係ない」と他国人が言っても、
身に着いた文化はやはり簡単には変えられませんよ。
日本にもそういう文化はあると思います。

グローバル化するなら、文化や風習も含めて考えないと
足もとをすくわれるかもよ。というお話でした。
どっとはらい。

今日の蛇足
Level42のライブ、行ってきました。
かっこよかったよ!
[PR]
# by divaof10gum | 2013-02-06 11:07 | 身辺雑記

お針子したり、本読んだり

こんにちは。ちゃるです。

いつまでもかぼちゃの画像では、埒があきませんので更新。
といっても、備忘録。

11月に入って今までのこと。
半襟の掛け替え 袷用のものを3本。
しまう単用のを1本。
単衣のはしまうので、普通に白。

袷は3本全部、違った色半襟のにしましたが、
替えてみて白が1つもないのは困ったことだなあと反省。
もう1枚あるので、それに白を掛ければいいじゃんと思うのですが、
着丈が短いので、半襟以前に裾を直す針仕事が待っております。

真田紐を買って、帯締めを2本作成。
国芳描く浮世絵猫の刺繍ワッペンを購入したので、
余勢をかって帯留めも作成予定。

応募していた小品(書き物)が佳作を頂く。うれしい。
書きたいなあから、書くに変化せねばと心に刻む。
がんばれ私。

今読んでいる本:町田康「餓鬼道巡行」
読んだ本:平山夢明「在るろくでなしの死」
幸田文「きもの」
[PR]
# by divaof10gum | 2012-11-13 15:19 | 身辺雑記

シネマ歌舞伎などなど

c0010510_15285410.jpg
もうお久しぶりの挨拶もしらじらしいですね。
こんにちは。ちゃるです。

突然に気温が下がりまして、一気に秋めいてまいりました。
先々週から、来週くらいまでが、仕事の山場で、
3連休も遠出などはせずに、まったり過ごしておりました。

見たこと。「シネマ歌舞伎」を初めてみた。
演目は「籠釣瓶花街酔覚」(かごつるべさとのえいざめ)です。
お話はぐぐっていただくとして、シネマ歌舞伎なるもの。
舞台を単純に映像化しただけでなく、ズームも多様しているので、
着物、履物、歩き方、所作が実に細かく見えます。
テレビの舞台中継とは、似て非なるものです。

台詞も良く聞こえますねえ。歌舞伎座の3階席で見るより、
こっちの方がいいや♪と思いました。
幕間の時間はなくて、ぶっ通しなこと。
舞台の空間な感じは少ないこと。
それらがデメリットでしょうか。

演目を選ぶと思いますが、今回は衣装をじっくり細かく見たかったので満足。
とはいえ、お客層の年齢は高く、圧倒的に女性が多かったです。

久しぶりの画像は、羽織をほどいて、洗い張りして縫い直した
自作のジレもどき。
記念すべき第一作の和服リフォームです。
まだまだ改善点が多いですが、絹なので軽い、暖かい。
モデルのかぼちゃっぷりはご愛敬ということで。

ではまた。
[PR]
# by divaof10gum | 2012-10-09 15:28 | 身辺雑記

携帯 変えた

ご無沙汰しておりますえ。ちゃるです。

携帯を変えました。スマートフォンではありません。

電波周波数が変わってしまうので、使えなくなるための変更なので
タダの機種にしました。

それにしても、カメラの性能がすごく上がりました。
黒猫がキレイにとれたので、アップ。
猫トイレなども映り込みましたが、まあ気にするな。ということで。

もうひとつおまけに家の桜もアップ。
春です。
c0010510_9105498.jpg
c0010510_9111383.jpg

[PR]
# by divaof10gum | 2012-04-09 09:11 | 身辺雑記

フニクリ・フニクラ

定時で会社を出た役員が会社の近所で酒を飲む。
話のネタに困るのか、残業中の男性社員を電話で呼び出す事がある。
私の勤務先は、そんな中小な会社だ。

その日、残業していたのは、私を含め4名。女3、男1。

社屋は大きな通りに面した、オフィスビルの4階。
町金融が入っていたり、1階が飲食店だったりするほど、うらぶれてはいないが、
古びた感じで、エレベータも1機と言えば大体想像がつくと思う。

節電で、蛍光灯は、各デスク上のみ。あとはPCのバックライト。
手元はいいけれど、室内はうす暗く、外は小雨が降りだしたようだ。

雨。うっとおしい。そろそろメドも付きそうなので帰ろうか?

外線から電話が入った。
男性が取ったが、相手の声が大きく中身がだだ漏れだ。

大きな声は副社長からか。飲み屋からの呼び出しお電話。
「いやっっ。えー。」とか言っているけれど、
電話を切ったら、行くんだろうなと思った。
案の定、受話器を置くと、帰り仕度だ。
「悪い悪い。誘われちゃって、先にあがるから後よろしく。」
「えーずるいですよ。いいなあ。」と某女史が言うのはいつものこと。
「じゃあ、君も来る?」と言われる事、
そして付いていく事がステイタスだと思っている、やや残念な女性だ。

「行っちゃいましたね。私はもうすぐ終わるんですが、そちらは?」
と、後ろのデスクから声をかけられた。

「私はあと30分くらいですね。お先に帰られても大丈夫です。」
中小といっても全く違う職種の寄り合い所帯。
なので、平素から会話はあまり弾まないのだ。

「30分くらいなら一緒に出ましょう。戸締りもあるし。」
「どうも。じゃあ頑張ります。」

おおむね30分経過。帰り仕度をはじめる。

ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや

通りから小さく、何か聞こえた。

ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや

複数の男性が歌の一部を繰り返しながら、こちらに向かって来てる。

ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや

良く聞くと、これ。フニクリ・フニクラじゃん。
フニクリ・フニクラの日本語でいうと「行こう行こう火の山へ」部分を

やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや

と、繰り返し繰り返し歌っている。ちょうどビルの通用口辺。

「やだっ?!なに?!」
もう一人の女性が気味悪がっているということは
実際に聞こえてるんだと、安心した。

ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや
ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや

「ビルの通用口辺ですかね。酔っぱらいかな。」と言った。 
「もう少し待って出ましょうか。」

ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや
ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや
ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや

ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや
ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや
ゃーほ ゃーほ ほほや ほや ゃーほ ゃーほ ほほや ほや
やーほ やーほ ほほや ほや やーほ やーほ ほほや ほや


声が大きく増えているような気がした。
全然 出られる気がしない…

今日の蛇足
夢ネタで創作しました。夢ではもう少し大きなオフィスビルで
怖いので電気を消して 息をひそめていると、
エレベーターの上がって来る音がし、
警備員がフニクリ・フニクラを歌いながら、ライトをオフィスフロアを
ライトで照らしながら歩いてくるというオチだったり、

電話がかかってきて、「まだ来ないの?(後ろに「やーほコーラス」入り」と
言われるなどのマルチエンディングなのだったのですが、
エンディングへなだれ込むスピード感が上手に表現できずに、
途中でぶん投げて、考えオチにしてしまいました。
[PR]
# by divaof10gum | 2012-02-24 11:13 | オカルティw

春はもうすぐ

ご無沙汰してます。ちゃるです。

上司がインフルエンザに罹患して、仕事がこちらに来たり、
いろいろと忙しくしております。
仕事があるのはいい事だけど、余裕がないのは困る。

そんなこんなで、ネタ的にも乏しく、
再開はしましたが、簡単な更新でごめんなさい。

先週末から家でもダーリンが風邪をひき
体調があまり芳しくなかったので、
外出は控えて、家で手仕事をしてました。

その1はレース編み。
レースを編むには少し気温が低い時期がいいです。
決して脂っぽくはないけれど、手に汗をかく時期は
繊細なレース糸をよごしてしまいそうで心配。
それに冬に編めば、春に間に合います。

単純なストールですが、
ブルターニュレースは初めて編んだので、面白かった。
編み物はなんといっても「編み図」だなあと
当たり前のような事を思う。
「編み図」のセンスが良いと、自分の手が上手じゃなくても
なんとなく誤魔化せます。
これが編み物の利点(爆)。

その2は人形のキモノ作り。
球体間接人形が何故か我が家にあります。
この人形は女子高生ちゃんが持ってきたもので、
白いドレスを着ているのですが、
和服を着せてみたくなって作りました。

本当の理由は、今夏に向け2着目になる浴衣を縫う為の
習作というか、手順の確認に作ってみました。
サイズは小さいけれど、本物を同じ過程で縫ってみました。

したらば、したらば!ですよ。
1作目で、何となく意味が分からなくて、
モヤモヤしてた部分の意味が分かったよ~!
「おくみ下がり」とか、「くりこし」とか、
実は意味不明で何となく縫っていたのね(爆)。
分かって良かった。百聞は一見にしかず(違)。

寒さが戻っていますが、春は来るので
あと少しがんばりましょう。

画像は球体間接人形。エルフ族なのかな。
c0010510_14554046.jpg

[PR]
# by divaof10gum | 2012-02-17 14:55 | お洒落系

平安女子 お后様は16歳

お后さまは16歳 私は27歳

今日は超訳から離れて、関係者の年齢について書いてみます。

清少納言が出仕したときの年齢は推定27歳。
結婚経験、出産経験があったと考えられています。

彼女がお仕えしたお后様 定子はその時16歳。
大貴族の娘は、産まれた瞬間から進む道が決められていました。
(あまりにおバカ(歌を詠めない等)だったり、
とても人前には出せないと判断された場合は、
差別的ですが寺へやられて尼に…だったそうです)

現代では16歳はまだまだ子供ですが、宮廷に入り帝の子を成し、
一族の地位向上に貢献するという立場では、
気配りや立ち居振る舞いは既に大人だったでしょう。

定子は13歳で 夫一条帝のもとに入内。
定子は一条の3歳年上。
10歳と13歳の可愛らしい一対です。
モノの本によると、夫婦は仲睦まじかったとのこと。
ちょっと安心。

夫である一条にしても、周囲が色々な策略し、先帝を出家させ、
わずか6歳で帝に即位した方。小さいながらも苦労人です。
同じような立場のふたりは、気持ちも通ったのでしょう。

そんなこんなで、27歳の清少納言に求められていたのは、
言い古されていることですが、宮中における定子の立ち位置の更なる向上。
優雅で、気が利いて、いつも楽しい雰囲気を作ること。
それでいて、軽々しく思われてはいけない。
年の離れた妹を、姉君たちで盛たてているって感じだったと想像しています。

後に、定子には、不遇な運命が待ち受けているのですが、
不遇な時にも、定子の周辺は努めて、運命を明るく享受しようとしています。
枕草子にも、泣き事や、恨みつらみは書かれていません。
その辺も、私がこの作品を評価するポイントであります。

定子の父 藤原道隆が病没すると、
その後藤原氏の長者となった藤原道長の娘 彰子が入内。
「一帝二后」になります。
往時の関係者の年齢は帝19歳、定子22~23歳、彰子11歳。

一帝ニ后の時代は、長くは続きませんでした。
定子はその2年後、25歳で病没します。
彰子が入内しても定子への帝の愛情は変わらなかったといいます。

清少納言は定子の亡くなる1年ほど前に、勤めを退き、
その後の歴史は伝説の中に消えていきます。
一説によると、定子の残した遺児に仕えたとも、
宮中の女房仲間とは消息文を交わしていて、
その中で枕草子が世に出た。とも、言われています。

紫式部が、日記の中で、清少納言を
「しったかぶりで、舶来かぶれ(漢文の知識がある)。
知識をひけらかすイヤな女。あんな女の末は思いやられる。
いいことはないに違いない。」と辛らつに書いているので、
紫さん(彰子の女房)と清さん(定子の女房)という関係もあり、
さぞかし、宮中での女の争い!と想像をたくましくする方もありますが、
実際は、そんな事はなく、紫式部の出仕は、定子没後で、
清少納言と宮中でダブっている時間はありません。

定子亡き後、彰子の周囲に文化的な華やかさを添えるため、
道長が画策したことと推測できます。

紫さんの悪口はたぶん、
自分より前に評判になっていた作品へのけん制かもしれず、
一説によると、枕草子の宮廷スケッチの一部で、
紫式部の身内の男性貴族がオモシロおかしく書かれていることへの仕返しかも。
と、言われております。
[PR]
# by divaof10gum | 2012-01-27 16:06 | お洒落系


ちゃる様の日々の思いのたけを綴る。ワイン、バンド、オカルト、お洒落、ゴージャスなどについて


by divaof10gum

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お洒落系
飲み食い系
音楽系ぶつぶつ
オカルティw
猫 犬 飼いもの
ぼやっきぃ プチ私憤
身辺雑記
罠など

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2013年 02月
more...

お気に入りブログ

ライフログ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧